ビルド小松島店

komatu.hana
鮮魚コーナー 産直コーナー 花きコーナー
kitanoya2 komatu.sakana
新米コーナー 北乃屋様のお惣菜コーナー 鮮魚加工部

 

■開催日:年中無休 8時30分~18時

■休日:1月1日〜3日

■場 所:〒773-0015 徳島県小松島市中田町内開5-1

■問い合わせ先:Tel 0885-33-1154 / Fax 0885-33-1320

ビルド小松島店モットー

生産者の皆様が愛情を込めてつくられた「安心・安全・新鮮」な季節感豊かな野菜・果物・肉・鮮魚・花などを、地域の方々にいつでもご提供できる場でありたいと思います。
明るくて元気な従業員一同が、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

コーナー紹介

○野菜コーナー
地元の生産農家の皆さまより、鮮度はもちろん、旬のおいしい野菜をたくさん並べています。
徳島特産品の「すだち」「鳴門金時」などは、県外へ発送される方も多いです。

○果物コーナー
「リンゴ」「みかん」「ぶどう」など、四季折々の果物が所狭しと並びます。

○鮮魚コーナー
鮮度抜群の魚!!
地元小松島近海で水揚げされた、鮮度抜群の魚がお手頃価格で、お買い求め頂けます。

○米コーナー
恵まれた自然の中で育まれたおいしい地元・徳島にある20軒ほどの農家さんのお米を取り扱っています。
気軽に購入できる精米済みのものだけでなく、それぞれ玄米の状態のものを1kgから量り売りしています。(精米は無料です!!)

○北乃屋様のお惣菜コーナー
トラストマーケティング(株)北乃屋様がお惣菜を始めました。
コロッケ・ミンチカツが絶品!!

 

 

生産者ご紹介

28.0404

〈徳島市大松町〉 佃 義之様
いつも明るく優しい方です。
シーズンを通して、あらゆる野菜を栽培しています。

sasatu.itigo

〈徳島市雑賀町〉 笹津 義史様
笹津さんはのイチゴは毎年、大人気です!!
野菜もシーズン通して栽培しており、できばえ、収穫量も安定しております。

honjyou

〈徳島市丈六町〉 本庄 由冶様
本庄さんは、ニラを主力に菊・フリージャーなどの切り花を出品、
買いやすい値付けとしている。
数年前に、収益は良いが体に負担がかかるという、菜の花の栽培はやめて
ニラ栽培に切り替えたとのだという。
冬場は、ハウスを加温することで、ニラは播種して40日前後で収穫でき
その後、7~8回は生育した部分の刈取りができると本庄さんは話された。
また、ニラは、陽が昇ると水分が根部分に降り、全体に元気がなくなるので
早朝5時から収穫、ビルドへは7時には出品するという。
以前、小松島店では、切り花2専門業者と切り花生産者が同居する売り場であったが
それを分離する「アイランド方式」を奥さんのシズコさんが提案、それが採用され
出品者の切り花コーナーが、よりわかりやすくなったと、お客様の評判もすこぶる良い。

〈阿南市椿泊町〉 小浜 和子 様
ご主人の小浜通敏さんの操船で、椿泊漁協沖合15㌔先の定置網に向かう。
縦30m、横150mの網を引き揚げると、鯛、メジロ、ハマチ、イサキ、アジ、サバなど10種類の魚が、飛び跳ねている。
すぐさま、船艇の「いけす」に入れ、高級魚は「船上活〆」とする。
陸揚げ後、氷詰めし、急ぎ、ビルド阿南店、小松島両店に出品。
まさにピチピチ、イキイキの鮮魚そのままである。

〈阿南市那賀川町〉 西岡 寛 様
田圃の真ん中にある、ファーム西岡のトマト育成ハウスは、自動温度管理、自動給水で、全面シート張りである。
自信を持ってお食べいただきたいと、西岡さんの奥さんがポナペティ(フランス語で召し上がれ)と命名したトマトは、フルティカである。
ハウス越しに太陽をいっぱい浴びたこのトマトは、高糖度、低酸度、中玉サイズで、その甘さと酸味のほどよいバランスがたまらないと、評判をとっている。
毎日、トマトを観察する、手塩にかけることを、黙々と実践することが、おいしいトマト作りの秘訣だと、西岡さんは力を込めた。

〈小松島市新居見町〉 守田 茂 様
守田さんの居宅・畑は、埋蔵文化財の新居見遺跡や、建設中の四国横断自動車道(阿南~徳島東)から、50mの近距離にある。
「働きは、健康に留意すべし」を信条とし、米、里芋、タマネギを栽培の三本柱として、時折折の野菜を栽培するなどで、小松島店に出品している。
特にタマネギはJAを経由、大阪市内の平和堂にも納品しているという。
父親を中学2年の時に亡くすなど、いろいろな壁を越えてきたが、農業は「売り上げ目標、投資採算などを軸足に、経営感覚を持つこと」が大切だと、話された。

〈勝浦郡勝浦町〉 岡 千鶴子 様
岡 千鶴子さんに話をお聞きしました。
今夏の暑さは格別だが、今の時期は、ミカンの摘花作業の真っ最中だという。
先先代から、温州ミカンの極早生、早生、中生、晩生を170アールに亘り栽培していて、ビルド産直市3店舗にも出品している。
特に、勝浦ミカンは、県内外でも評判を呼び、その品質や甘さは、群を抜いており、「引く手あまた」だと、話された。
ミカン栽培は、摘果、消毒、下草刈り、灌水、お礼肥えなど、一年中何やかやと作業があるという。
岡さんは、ミカン栽培は、「手をかければかけるほど、ミカンもそれに応えてくれる」と話された。